日時 2011年6月26日 7:30 ~ 2011年6月26日 11:00
天候 くもり時々晴れ 気温 30.0℃
風向 東 風速 2.0m/s

 週末はずっと雨だと思っていたが、土曜日になって、日曜日が晴れるということが分かったため、急遽浜名湖に出艇することにした。最近表浜名湖(国道1号、新幹線より南側)で、シロギスとマダコが良く釣れているらしいので、ちょい投げとエギングを準備。

 表浜名湖でボート釣りをするのは始めてなので、まずは出艇場所探しから。エサを買ったまるい釣具(http://marui.hamazo.tv/)では、弁天島海浜公園からでも出せるのではないかとのことだったが、海水浴の準備で沖にロープが張られており、たぶんボートでこれを越えることはできないので、断念。

 その後、競艇場周り、新居港周りを探したが、ボートを出せそうなスロープは無い。新居海水浴場も、弁天島と同じようなロープがあったが、海釣り公園側の端に、ロープが海面から離れて浮いているところを発見。ここから出すことにした。

 この場所は、車から少し距離がある上、駐車場も遠く、準備に手間取った。それに砂浜は、足を取られて準備しにくい。なんとか7:30には準備を終えて出艇。

 風が無く凪いでいるが、霧があるため、岸が見えて大きなボートが通りにくそうなところにアンカーを打った。おかっぱりのシロギス名所の少し沖。

 タックルは、キビレ竿2.4m、道糸2号、天びん無しでシモリペットにナス型オモリ6号、写真の短い2本針仕掛けを使った。

110626-1

 少し遠くに投げ、セオリー通り左右にサビキながら探ると、ボートの近くで当たり。キス特有の引きで上がってきたのは、15cmだった。その後も、毎投何かが釣れる状態が続いた。外道はたくさんのメゴチに、小さなハゼ、トラフグ。コトヒキはなぜかとても引きが良い。小さなホウボウも釣れた。

 大きな引きで、海面まで引き続けるので、キビレかと思いタモを準備したが、上がってきたのは23cmのイシガレイ。季節はずれのイシガレイは、冬と違って元気が良い。

 仕掛けの予備が無くなって、投げ用の3本針に変えたところが、魚との縁の切れ目。今回は、写真の赤針、金ビーズの仕掛けが当たりだったみたい。今回は、キス9匹だった。

110626-2

 今回は、ここまでほとんどボートを操船していなく、霧も晴れてきたので、弁天島まで遊覧して湖面を楽しんでから、沖上がりした。砂浜に上がると晴れていて、直射日光の下、地獄のボート片づけが待っていた。次のマイボートは、涼しくなってからにしよう…。

 キスは、すべて刺身にした。メゴチも、大きなものは持ち帰ってきたので、一緒に刺身にした。キスの刺身は、上品過ぎで正直言っていまひとつ。めったに食べられないものなのだけど。メゴチの方が、甘みがあってうまい。
 大きさの割りに肉厚なイシガレイは、片栗粉で揚げた。これは文句なしにうまい。カレイは夏のほうがうまいかも。

110626-3

 次回は暑いので貸し船にしよう。

←トップに戻る


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です