日時 2011年4月17日 07:00 ~ 2011年4月17日 11:30
天候 晴れ時々くもり 気温 18.0℃
風向 東 風速 2.0m/s

浜名湖3番ミオ筋(奥カメの奥)でノッコミのキビレ狙い。
ボートのキビレ狙いは初めて。

朝、弁天釣りセンターでエサ(ボケ)を調達し、ポイントのアドバイスをいただいた。
ここでは、7500円で9.9馬力のボートが借りられる。
わざわざ自分のボートを出さなくても、2人以上なら、借りたほうが良いかも。

出艇場所は、前回よりももう少し北の砂浜。藻がたくさん打ち上げられているが、船底を傷つけられる貝殻よりはまし。サイクリングロード沿いで、静かな良い場所。朝の散歩やランニングの人と会話しながらインフレータブルボートを膨らまして、船外機を取り付け。

出艇場所からポイントまでは、全速で15分ほど。
風がなく波も無い。
こんなコンディションだったら、5馬力インフレータブルでも滑走できる。

ポイントで竿を3本出し、寝ころんで当たりを待つ。

110417-1

普通5本ぐらい出すそうだが、ボートで使えそうな竿が3本しかないので…。エギングのロッド・リールまで持ち出したが、さすがにこれでは無理か?
ちなみに、寝ころんでいるので、写真に足が写っている。

最初に当たりがきたのは、胴調子サオに道糸4号ナイロンの本命タックル。前当たり30秒後に本当たりが来たので合わせを入れて、ゆっくり巻き上げ。
釣れたのは32cmのキビレ。この時期にしては小さめ。

110417-2

その後は、前当たりは何度かあったが、本当たりにならず、風が強くなってきたので終了。

出艇場所に戻ってみると、潮干狩りの人がたくさんいた。その中でボートをつけるのは、ちょっと恥ずかしい。

帰ってから、洗ったボートの横で記念撮影。

110417-3

最近、なぜか塩焼きに飢えているので、丸ごと塩焼きにした。
グリルにギリギリ丸ごと入った。ちょうど良い大きさで良かった・・・と、ちょっと負け惜しみしてみる。
やっぱりきちんと鯛の塩焼きだった。新鮮な魚は塩焼きにかぎる。

———–
釣り方教室

竿: 浜名湖キビレ用が一番いいです。3mぐらいを使う人が多いようですが、個人的には短い方が好みです。
リール・糸: 4000番のリールに、ナイロン4号を巻きます。ボート釣りでは、他にあまり無いパターンなのですが、私はこの釣りだけのために、安物ですが1個準備しています。
ポイント: 4月のキビレは、入湖して湖奥に移動していくため、一定の場所にいるわけではありません。当日、エサを買うときに聞いてみましょう。
エサ: この時期はボケか白チロリを使う人が多いようです。個人的にはボケが好きです。

←トップに戻る


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です