日時 2011年2月5日 8:00 ~ 2011年2月5日 13:00
天候 晴れ時々くもり 気温 15.0℃ 水温 14.0℃

木負から朝8時ごろ出船。
淡島横の水深60mで、アマダイ狙いで流すが、風も潮も動いていず、ボートが流れない。

110205-1

エンジンをかけて後進で流してみるが、あたりは全く無し。エサ取りすらいない。
オキアミ、イソメともだめ。
何ヶ所か場所を変えてみて、やっとかかったのが、20cm弱のホウボウ(だと思う…。)。

110205-2

もしかしてこれ一匹かもしれないので、とりあえずキープ。

魚探の15m位置に、時々魚影が走るので、ダイソーのピンクスキンサビキを投入。しばらく待ってみると、ポツリポツリと、20センチ強のウルメイワシが釣れる。

淡島ホテル前水深70-50mの岩礁まわりに移動すると、淡島側に潮が動いている。風は無いので、ノーアンカーで、今度はマダイ狙い。
20cm前後のサクラダイ、トラギス、ヒメコダイが立て続けに釣れたが、マダイは全くだめ。もっと深くないと駄目か?
(ヒメコダイも登録できないので、代わりにサクラダイで登録・・・していいのかな?)

また、淡島横に戻って、再度アマダイにトライ。ヒメコダイやトラギスがかかるので、期待したが、時間切れ。

110205-3

無性に塩焼きが食べたかったので、サクラダイ、ヒメコダイ、ホウボウ(?)は、塩焼きにした。鮮度が一番分かる食べ方は、やっぱり塩焼きだと思う。
イワシは、刺身にした。恐ろしく脂がのっていて、美味。きちんとコマセをまいて、専門で狙えばよかった。
トラギスは、とりあえず腹開きにして、冷蔵庫に保管。天ぷらか唐揚げになると思う。

やっぱり、冬は厳しい。しかし、厳しいながらも何かは釣れるのが、ボート釣りの良いところだと思う。

ロッドは、6:4 30号 2m 。リールは小型両軸、PE1.5号。針はチヌ4号。

←トップに戻る


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です