今年も行って来ました。これが始まると、いよいよ春のシーズンを感じます。例年は上着なしでもOKなぐらい暖かいのですが、今年は天気が悪く、肌寒い気候でした。
出展は、各社例年よりかなり充実していて、会場にも空きスペースがほとんど無く、景気回復を実感しました。

1. フローティング会場

P_20150307_112927 P_20150307_112935

ヤマハは、入場してすぐのところで、プレミアム艇のEXULTシリーズ3艇をすべて出展。気合が入っています。
P_20150307_111550 P_20150307_111450

60フィートの超大型艇「CRANCHI SIXTY6 FLY」。写真では分かりにくいですが、とにかくデカイです。家より大きいかな。こんなの小型船舶免許で運転できるのか?と思って調べたら、可能なのですね。
P_20150307_112600

250馬力船外機3機がけのボート。速そうです。船外機の間がLEDで青く光っていました。
P_20150307_111922

第一会場のパシフィコ横浜へ、シャトルバスで移動します。

2. ヤマハブース

P_20150307_134312 P_20150307_134424
入り口から一番奥で、圧倒的な物量作戦で出展していました。配布パンフレットで調べたら、ホンダとトヨタとスズキ、川崎重工の出展を全部合わせたぐらいの出展面積でした。30フィートクラス〜20フィートクラスが10艇以上。それに、マリンジェット、Y’Sギヤの用品まで。
船外機の出展が寂しかったです。ホンダが300馬力を堂々と展示しているのに、ヤマハはフラッグシップの350馬力の展示は無しでした。新製品だけを展示するというコンセプトなのかな。

P_20150307_140516
個人的に今回の目玉だと思っていたのは、19フィートの「SR-XX」。2月のフィッシングショーでコンセプトモデルが発表されて、量産版に期待していました…が、これは少し期待外れだったかも。コンセプト版がかっこ良すぎなので…。

P_20150307_105232 P_20150307_105342
ちなみに、コンセプト版は、フローティング会場(横浜ベイサイドマリーナ)に隣接したヤマハのショールームにありました。塗装のラメとか仕上げは省いていいので、レールやオーニングなど、このデザインのまま量産して欲しかったです。

3. スズキブース

P_20150307_130348 P_20150307_130224 P_20150307_130258 P_20150307_130309
展示艇に組み込まれている魚探が、なぜかLowranceやハミンバードでした。なぜ?まあ、自分で好きなのを勝手に付ければいいのですが、ショーで展示艇に付いているのを見るとうれしいのです。

 4. インフレータブルボート

P_20150307_124840 P_20150307_124250今年は、可搬艇関連が少し寂しかったです。例年通り、会場入口入ってすぐのところに、JOYCRAFT、アキレスの2社が出展していました。しかし、いつもよりお金をかけていない感じです。
JOYCRAFTは、アルミフロアが目玉のようです。エアフロアに、毎年キビレの背ビレで小穴を開けてしまう私としては、軽量のアルミフロアは魅力的です。

5. 魚探

今年は各社、自艇の横方向360度を見るためのソナーが大流行。
まだまだ値段が高いし大きいので、私には関係がない世界です。

P_20150307_152201 P_20150307_152303 P_20150307_135147
ホンデックスやヤマハでは、高周波数による「ストラクチャースキャン(っぽいやつ)」が出ていました。特許が切れたのでしょうか。

P_20150307_152706
コーデンではGPS(海図)データを3次元表示していました。直感的で分かりやすそう。願わくば、ソナーデータでこれをやってほしいところです。

Lowranceでは、CHIRPソナー(CHEAPではない(笑))という新兵器が出ていました。
水深200mでもストラクチャースキャンができるとか(?)
5インチ4周波、CHIRP付きで、私のHDS-5と同じぐらいの値段です。しかし、CHIRP用振動子が本体の倍以上の値段でした…。もう少し安くなったら考えようと思います。

6. ボート以外の物

P_20150307_143122 P_20150307_143153 P_20150307_134529 P_20150307_113602
今年はやたらに自動車が多いです。超高級車ばかり。
昨年出展のジュリエッタが庶民的に見えて懐かしいです。
そのほか、腕時計とか、化粧品の対面販売(?)とかありました。
ボートショーって、そんなにお金持ちがたくさん集まるのでしょうか?

7. おまけ

「muta」というアパレル(?)ブランドが、やたらにマリン市場に売り込みをかけています。ボートショーにしては派手なキャンギャルを大量投入して、PWCコーナーにまで乗り込んで、大変なことになっていました。(勇気がなくて写真を撮れなかった…。)

それは良いのですが、なぜか、SR-Xのmutaバージョン。ヤマハのショールームにありました。
P_20150307_105521
うーん、これはちょっと…。

かと思えば、マリンジェットや、トヨタのハリアー。
P_20150307_110256
まあ、良いことにしておきましょう。


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です