ロランス魚探で自作海図を作成できるソフトReefMasterに、固さマップオプションがリリースされました。

早速購入してインストール。
自作の海図で岩礁や砂地が分かるようになりました。
J 1016717_716271321791659_626522571986399368_n

固さは画像(色分け)で表示されるため、海図ファイルが今までの.lcmファイルではなく、.at5ファイルになります。

困るのは、.at5だと、ReefMasterから出力した際に、ファイル名がすべて「large.at5」になってしまうこと。
一緒にxmlファイルまで生成されます。

複数の.at5を同時にSDカードに入れるにはどうするか?

large.at5を好きな名前に変えれば良いようです。
SDカード上に複数の.at5ファイルがあっても、すべて読み込んで表示してくれるようです。

xmlファイルは無くても良いみたいです。
ただ、透過色が使えなくなっているので、もしかしたらxmlでレイヤーを管理しているのかもしれません。

実用上はほぼ問題ないはずだと思います。


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です