日時 2014年09月20日 07:00 ~ 11:00
天候 曇り時々小雨
水温 24.5℃
東の風 4m
干潮 9時

仕事や雨が続いてしばらくボートに乗れなかった。
今週末は久々に時間ができたので、内浦湾へ。
魚の塩焼きか煮付けが食べたいので、ウィリーと一つテンヤ、タイラバを準備。

波も風も無くて静かな海。
WP_20140920_06_47_10_Pro

まずは、木負堤防の外側へ。
水深20〜40mあたりで魚探の反応を見ながら、ウィリーと一つテンヤで探ってみるが、なかなか美味しそうな魚は釣れない。

WP_20140920_07_58_16_Pro

小雨が降ってきて、風も強く、長袖シャツを着ていても少し寒い。

淡島ホテル前の根へ移動して、水深10〜30m付近を流しながら、ウィリーと一つテンヤを交互に試してみると、ウィリーにヒット。取り込み寸前まで暴れながら上がってきたのは、25cmぐらいの綺麗なタイ。
WP_20140920_08_13_46_Pro
レンコダイかと思ったら、目の上が青いし、尾びれの先も黒いので、マダイ?
とりあえず、塩焼きゲット。

引き続き、一つテンヤで太ったカサゴ。
WP_20140920_09_10_24_Pro
ダルマのように丸い。煮付けにするのは大変そう。

この他、中層でソーダガツオが釣れた。あいかわらず、釣れる前も釣れた後も騒々しい。
ボートが血だらけになる。出汁が旨いので持ち帰り。

とりあえず食材は揃ったので、一つテンヤをタイラバにチェンジし、集中してみることにした。
早々にヒットするが、エサ釣りの癖を引きずっていて合わせてしまい、追ってこない。
その後は全くアタリ無し。

干潮潮止まりで生体反応が何も無くなったので、沖上がり。
持ち帰った魚はこれだけ。
WP_20140920_12_01_52_Pro

この時期の釣りとしては、平均点だろうか。

←トップページに戻る


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です