2014年4月〜7月の、導入前の発電量シミュレーションと実発電量の比較です。

発電量シミュレーションとの比較(7月)

導入前のシミュレーションでは、7月の1ヶ月間の発電量は507kWhとのことでしたが、実際の発電量はモニター読みで578.8kWhでした。(モニター読みがどの程度正確かは、こちらを参照してください。)

シミュレーションよりも14%程度多く発電していますが、先月までの+25%に比べて低調です。

7月は前半の梅雨の間、日照時間が非常に少なく、梅雨が明けてからも、きれいに晴れた日が少なかったためと思われます。

←トップページへ戻る


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です