1. Facebook

wp_ss_20140712_0002Facebook公式アプリではなく、Microsoftが作っているようです。

最初からスタート画面にタイルが表示されています。

というと、少しガッカリな感じですが、バージョンアップも頻繁にされていて、機能上は問題なし。普通に使えます。撮った写真をその場でアップすることも簡単です。

良い点は、OSとの連係が濃いこと。Microsoft製である利点だと思います。

たとえば、新着のメッセージや写真がスタート画面のタイトルに表示されたり、Facebook上のアルバムの写真を、他のアプリからも、カメラで取った写真と同等に使えます。

最初にアプリを立ち上げた時に、データを使っていいかというようなことをたくさん質問され、少し迷いますが、信じて全部OKにしましょう。Androidではできないことが、たくさん出来るようになります。

また、Android版に比べてレスポンスがとても良いです。Facebookだけでなく、すべてのアプリに言えることですが。

違和感があるのは、タイムラインの表示順位がパソコン版と異なること。最新が優先されるので、実用上は不具合ないのですが、パソコン上で非表示に設定した項目が、Windows Phoneでは表示されてしまうことがあります。

全体評価は上々です。これだけでも、Androidから乗り換える価値はあるかもしれません。

2. Line

スタート画面に最初からタイルが表示されています。

こちらはまだ使い込んでいませんので詳しく書けないのですが、チャット、通話ともできるようです。

アカウントは、メールアドレスで移行できます。

使い込んでみたら、追記します。

次回は、日本語入力と写真のクラウド連係について書きます。

← GmailとGoogleMap  日本語入力とクラウド連係→


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です