太陽光発電システムを設置・連系開始してちょうど1週間たちました。
ここまでの発電量と自家消費量から、導入前に見込んだ費用回収に対するズレを試算してみます。

140330

この間、26日と30日は雨でした。
24日と25日はほぼ快晴でしたが、屋根足場がまだ撤去されていなく、雲が出ていた29日と同じ程度の発電量でした。28日は終日ほぼ快晴でした。27日は午後に少し雲が出て夕方発電できませんでした。

この7日間の発電量の合計は、127.2kWhで、これを31日に換算すると、563.3kWhになります。
シミュレーションの3月の発電量見込みは563kWhですので、偶然にも同じ数字です。
1週間の間に2日間も雨が降ったことや、最初の2日間は屋根足場で効率が落ちていたことを考えれば、上出来でしょうか。

自家使用量の7日間合計は18.3kWhで、31日に換算すると81.0kWhです。
自家使用量は当初年間で1500kWhを見込んでいましたが、春は電気使用量が少ないので、100kWhぐらいに抑えたいところです。この目標に対しては、十分達成できているようです。

まずは、試算通りにできそうです。

←トップページに戻る


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です