Lowrance魚群探知機の利点の一つに、振動子の走査角が小さいことと、深いところでも使えることがあります。この利点をよく知っていると、通常振動子は50/200kHzを選ぶことになると思うのですが、たまに200kHzよりも深く、50kHzより狭くという、ワガママも出てくるわけです。

50/200振動子で83kHzも出せるという噂は聞いていたのですが、具体的にどうするのかは、説明書にもGoogle先生にも載っていません。ずっと謎だったのですが、先日横浜のボートショーで、販売代理店のジムクオーツの方に教えていただいたので、記事にします。

現時点では、まだ現場で試していませんが、試してみた方がいらっしゃったらフィードバックをください。私も、秋から冬の深場のシーズンになったら活用すると思います。

やり方は、要は本体に登録する振動子の機種名を変えるだけです。

1. 「MENU」キーを2回押して、「ソナー」の「設定」を選ぶ

P1000641

2. 一番下の「振動子の型式」を選ぶ。

P1000642

3. 50/200であれば、「HST-DFSBL 50/200」というものが設定されているはずなので、これを「HST-WSBL]に変えて保存する。(ソナー2画面にしていても、1画面になります。)

P1000643

4. 「メニュー」キーを1回押して、「周波数」を「83kHz」にする。(これをしないと、50kHzのままになるようです。)

P1000647

4. これで、83/200kHzになりました。

P1000645

 


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です