日時 2013年11月16日 06:30 ~ 13:00
天候 晴れ

西伊豆、沼津の平沢で船外機ボートを借りてカワハギ釣りへ。
会社の同僚の原田さんと同行。

朝6時20分、日の出と共に出港。
IMG_20131116_062244朝のうちはアジ狙いで、お隣の古宇の港内へ。

毎年11月は、ここで朝にアジ狙いをして、その後カワハギを釣るのが恒例になっている。
去年は、アジ狙いでイナダや30cmクラスのマダイが釣れているので、下心満点。

古宇に行ってみると、岸からの釣り人や手漕ぎボートがたくさんいる。
去年、一昨年はほとんど誰もいなく、狙い目ポイントだと思っていたのに。

お目当ての港前の根にも、陸からのウキが入っていて、近づくことができない。
あきらめて周りを流してみるが、釣れるのはカワハギばかり。
コマセビシに吹流しで中層を狙ってみるが、青物系はなにも釣れない。
今年はウィリー作りをサボって既製品を使ったので、バチがあたったか。

早々にカワハギ狙いに切り替え。
一つテンヤタックルにカワハギ仕掛け。エサはパックの剥きアサリ。

余談だが、カワハギは専用タックルよりも一つテンヤタックルの方がよく釣れる。
専用タックルはただ硬いだけのものも多いが、一つテンヤタックルは穂先感度が良い上に、魚に違和感を与えないシナリもある。合わせを強く入れられるのも良い。カワハギに飽きたり、大物の反応が出たら、すぐに一つテンヤに切り替えることもできる。
去年、今回と使ったのは、ロッドはシマノ(SHIMANO) 炎月 一つテンヤマダイ SS 225H、リールはシマノ 12 アルテグラ 2500SにPE 0.8号。

去年は、アタリを待たずに合わせ続けるカラ合わせ釣法で大爆釣だったが、今年はそうはいかなかった。
仕掛けを入れるとすぐにエサを取られるのは去年と同じだが、ただのカラ合わせでは一向に掛からない。
動かし続けているとエサが残る率が高いので、カラ合わせをしている間は、エサをつつくことができないようだ。かといって、止める時間をいれるとエサは確実になくなっている。竿先をみているとアタリは分かるのだが、それで合わせても掛けることができない。エサだけ取られる。アタリがあった分だけエサが無くなる。

最後に行き着いたのは、名付けて変則カラ合わせ。
仕掛けが着底してすぐに、とにかく動かし続ける。それでは大抵掛からないので、ぴたっと止めて糸をふかせる。またはベールを上げて竿を振り上げる。そして、すぐに強く合わせると、掛かる。
掛かっても巻き上げ途中でバレることが多いので、かかったら竿を下げて追い合わせ。

これで、なんとか釣り上げることは出来るようになった。
去年より効率は悪いが、釣った感は高い。
失敗することが多いので、というかほとんど失敗するので、エサはどんどん無くなる。パックを2つ買っておいて正解だった。

去年のように、海がカワハギで埋まっているような感じではない。
群れがぐるぐる動いている感じ。
大きさも20cmに満たないものばかりで、大物がいない。
ある程度釣ったところで、一発大物狙いに沖に行くことにした。

3年前に26cmを釣った、みかん工場前の水深20m前後付近へ。
ここは、エソやベラの宝庫で、そこにたまにカワハギやカサゴが混じる。
おそらく、砂地にツブ根が点在している感じだと思うので、先日買ったロランスの魚探で地形を探ってみたい。

魚探で底の反応を見ながら流してみる。
やはり、深さ変化が激しい場所と、変化しない場所が混在している。

ベラやトラギスの魚群に惑わされながらも、カワハギも釣れる。

深さ30m付近で、明確なアタリでヒット。巻き上げ途中でフッと軽くなったり、かと思うと底に突っ込むような引きで、結構な大物。
マダイ? と思ったら、大きなカワハギ。今日最大、というか1匹だけ突然の大物で、3年前と同じ26cm。

この後、数匹20cm代を追釣して、午後1時に納竿。
26cmが釣れたポイントを狙って、何度も同じ場所を流したので、地形もきれいに録画できているはず。

帰って数えてみると、14匹。小さい3匹はリリースしているので、17匹釣ったことになる。
IMG_20131116_172242

IMG_20131116_132903

大きい方の2匹でキモを取り出し、身を刺身にした。

残りは、次の日に鍋にする予定。

←トップページに戻る


Share on Facebook