P1000490

DTIの格安SIMを愛用しています。

このサービスが、今度LTE(Xi回線)に対応するということで、交換用の新しいSIMが送られてきました。

早速交換して使ってみましたが、ちょっと速くなったような気が…。ただの気のせいか、または、まだユーザーが少ないからでしょうか。

オプションで増速すれば、きちんとLTEの速度が出るそうです。

SIMを変えてもらうついでに、セルスタンバイによる異常電池消耗の対策として、月150円出してSMSオプションを追加しました。

SIM交換直後からセルスタンバイの電池使用時間割合を見ると、今まで50%で固定されていた値が、少しずつ下がっていきます。

これはいいかも。

月640円に上がってしまいましたが、他の月980円以上するMVNOではこのワザは使えないそうなので、本当にDTIはよく考えていると思います。

このSIM専用の低消費電力050 plusが使えるとか、他にも魅力的なサービスがあります。

なぜ、他のMVNOが淘汰されないのか不思議です。というか、DocomoやAU、Softbankのユーザーも、おそらく10〜20%ぐらいの人はこのサービスで十分な使い方しかしていないのではないかと思います。

このサービスがきっかけになって、もっと競争が激しくなって低価格化、サービス向上すればいいのですが、いまのところ、そうはなっていないみたいですね。


Share on Facebook