秋葉原の裏通りのパーツ屋で、ThinkPad X61s(7668-7BJ)を13,800円で入手。

P1000384

相場は15,800円ぐらいなので少し安い。しかも、標準1GBのメモリが2GBに増設されている上、8セルバッテリーがついている。フル充電で残7時間ぐらいの表示で十分元気。これらの付録だけでも、普通に買えば5000円以上に相当する。筐体や液晶、キーボードもきれいで、傷や割れもない。OSがWindows XPなので、サポート終了で値崩れが始まっているのかもしれない。

ノートパソコンを買うのは、Windows MeのThinkPad以来14年ぶり。

別の店で、SSD(Solid State Drive: フラッシュメモリのディスクドライブ)128GBを9,500円弱で入手。本体と同じぐらいの値段だが、これさえあれば最新のPCと比べてもずっと快適になる。というより、レスポンスはタブレットに近い使い心地になるはず。

ちなみに、Amazonで調べたら、X61Sは入手が難しそうだが、X61なら入手できるようだ。値段的には、X200という手もあるかもしれない。X60系はWiFiが付いていないものがあるので要注意。
SSDはADATAのSP900で良いと思う。どうせ古いパソコンなので、値段が少しでも安いもので十分・・・と言いながら、高速狙いのデスクトップでも愛用しているが。

早速次の休日に、Windowsが入っているHDDドライブを取り外し、SSDに入れ替えて、Ubuntu 13.04をインストールした。インストーラとして、別のデスクトップパソコン(Ubuntu 12.04.1 LTS)上でUSB起動ディスクを作成した。

1. 起動ディスク作成

Ubuntu13.04の日本語版Remix isoイメージをダウンロード。
http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1304-ja-remix

デスクトップパソコン(Ubuntu12.04.1 LTS)のdashで「スタートアップディスクの作成」を検索し起動。
USBメモリと上記isoイメージを選択して起動ディスクを作成。

2. X61sのHDDをSSDに入れ替え

SSDはADATAのSP900 128GBを選択。ネジを1本外して蓋をとり、入れ替えるだけ。特に難しいことなし。

P1000386
・・・と思ったら、SSDの厚さが薄すぎてカタカタする。SSDの箱の中に入っていた薄い板で、隙間を埋めることができた。

参考サイト: http://www.koikikukan.com/archives/2013/01/08-000300.php

電源を入れて、SSDが認識されていることを確認。当たり前だけど、OSは起動しない。

P1000387

3. USBメモリから起動

HDD(SSD)上にOSが無いため、USBメモリを挿して電源を入れ、待っていればUSBから起動する。

P1000388

しかし、インストーラを起動すると、エラーが発生。

「casper-rw(個人設定ファイル)」ができないらしい。とりあえず、デスクトップのUbuntu12.04.01上で作り直し。

参考サイト: http://resourcefulbrain.blogspot.jp/2011/02/usb.html

・・・やっぱりダメ。個人設定ファイルがUSB上になくてもインストールに支障はないはずなので、「スタートアップディスクの作成」で「シャットダウン時にすべての変更を破棄する」としてcasper-rwを作らないようにした。すると、インストーラが起動できるようになった。

P1000390

後でよく考えたら、USBメモリのファイルシステムがいけなかったからかもしれない。

USB2.0 のUSBメモリからATA2.0接続のSSDへのインストールには約10分かかった。さすがに、デスクトップマシンを作った時のUSB3.0→ATA3.0よりも倍以上時間がかかる。

4. SSDの寿命を伸ばすための設定(Trimや自動書き込みの設定)

参考サイト: http://blog.takapra.com/index.php/2012/09/12/vm-swappiness/

     http://kometchtech.blog45.fc2.com/blog-entry-942.html

Ubuntuサブノートの完成!!

P1000393

インストールままで、ディスプレイ、音源だけでなく、有線・無線LAN、Bluetoothまですべて使えるようになっている。

アップデートを入れ、ChromiumとGIMPを入れてGoogleアカウントにログイン。当面これで実用になる。

ブートがUEFIではないのと、SSDの接続がATA2.0のため、スイッチを入れてから起動までに15秒ぐらいかかるが、それでも速い。

アプリの起動は、地上波デジタルテレビのチャンネルを変えるより速い。

総額23,000円で、流行りのタブレットを買うよりも、こちらの方が良いのではないだろうか?


Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です